資料館について





加茂市民俗資料館

新潟県加茂市大字加茂229-1(加茂山公園内)
(0256)52-0089
 minzoku@
  city.kamo.niigata.jp

開館のごあんない

  • 開 館  午前9時〜午後5時    
  • 入館料  無料
  • 休 館  
    月曜日、毎月1,3,5土日、祝日、年末年始。
    ※但し、4.5月は月曜日のみ(祝日にあたる時は次の平日)
        

館内ごあんない

   館内案内図

資料館の仕事

   

資料の調査・研究・整理・保存

館蔵資料の他、遺跡調査、現地調査、調査資料の作成も行います。

     

教育普及

年数回の講座、歴史講演会など、歴史資料への感心を高め、後世へつなげる事業を行います。

     

レファレンスサービス

資料、遺跡などへのご照会事項にお答えします。

     

施設の概要

  • 創立   昭和49年4月1日。開館は昭和49年8月20日、旧下条中学校校舎を転用。
  • 移転   平成6年9月12日。旧図書館の建物を転用して平成6年11月17日に開館。
  • 施設   木造二階建(収蔵室は鉄筋三階建) 513u           
  • 特徴
    収蔵品のすべてが、市民から寄贈・寄託を受けたものばかりで、民具・考古・歴史資料など約20,000点の多きにのぼっている。
    展示品は約1,200点で加茂市指定の文化財が多く含まれている。

    江戸末期から明治初期に製作・使用された漢方製薬器。明治・大正・昭和初期に使用された建具製造工具。灌漑用具のてっぽう、だいろ、じゃ車。 七谷水源地・千刈遺跡から出土した縄文・古墳時代の土器など実に貴重な資料である。